「Snapdragon 845」、TSMCの7nmプロセスを採用か

IT之家は5日(現地時間)、米クアルコムの次世代フラッグシップSoC「Snapdragon 845」は、台湾TSMCの7nmプロセスを用いて製造される見込みと伝えています。

Snapdragon 845は、「Snapdragon 835」と同様に韓国サムスンとの協業の下に開発が進められ、「Galaxy S9」シリーズにも採用される見通しとされています。

また、製造にはTSMCが開発を進める7nmプロセスを採用する見込みとされていますが、TMSCによると、同社の7nmプロセスは、現行の「10nm FinFET」プロセス比で最大25~35%の性能向上を実現する予定であるとのことです。

なお、既に同社は7nmプロセスの試験生産を開始していますが、韓国サムスンもTSMCと同様に、2018年前半にも同プロセスの量産を開始する見通し(過去記事[1][2])。

仮に今回の情報が事実であったとするならば、10nm FinFETプロセスの “栄華” は、とても短いものとなってしまいそうです。

[IT之家 via GizChina via AndroidHeadlines]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月11日 00:01 No.43324 返信

    無理(ウソ)が通れば道理が引っ込む

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます