クアルコム、新型モバイルプラットフォーム「Snapdragon 660 / 630」を発表

米クアルコムは9日(現地時間)、新型モバイルプラットフォーム「Snapdragon 660」および「Snapdragon 630」を発表しました。

新たに発表された2種類のSoCは、それぞれ「Snapdragon 653」または「Snapdragon 626」の後継モデルであり、全体的に仕様や性能が強化されています。

Snapdragon 660は、8基のカスタムCPUコア「Kryo 260」から構成されるオクタコアSoCであり、製造プロセスも28nmから14nm FinFETへと刷新されました。

また、Snapdragon 630については、CPU構成や製造プロセスにおける変化は見られないものの、Snapdragon 660と同様にGPUコアやISP(イメージシグナルプロセッサ)、通信モデムなどにおいて堅実な進化を果たしています。

なお、クアルコムによると、Snapdragon 660は、Snapdragon 653比で20%のCPU性能増と最大30%のGPU性能増を実現。Snapdragon 630は、Snapdragon 626比で最大30%ほどGPU性能を向上させているとのことです。

既にSnapdragon 660は出荷が開始されており、今月末までにはSnapdragon 630の出荷も開始される予定とされています。

[Qualcomm via Twitter]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月11日 02:43 No.43334 返信

    ミドルとハイミドルか

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます