サムスン、半導体の受託生産体制を強化へ ―専門の事業部を新設

韓国サムスンは12日(現地時間)、同社の事業再編に伴い、新たにファウンドリー事業部を設置することを明らかにしました。

同社はこれまでにも、米クアルコムなどを顧客として半導体の受託生産(ファウンドリー事業)を行ってきましたが、あくまでも “システムLSI事業部が主導する事業の1つ” という立ち位置でした。

しかしながら、今回新たに専門の事業部として独立。さらなる顧客や受注の獲得を目指すとのことです。

今後は、システムLSI事業部、メモリー事業部、ファウンドリー事業部の3部門によって分担される形で、各種半導体製品が製造されることとなります。

近年、ファウンドリー事業の分野において目覚ましい躍進を続けるサムスンですが、はたしてこのまま順調な成長を堅持できるのでしょうか。

[ロイター via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます