サムスン、シリーズ最新モデル「Samsung Z4」を発表 ―Tizen 3.0搭載

韓国サムスンは16日(現地時間)、Tizen OSを搭載するスマートフォン「Samsung Z」シリーズの最新モデルとして、「Samsung Z4」を発表しました。

新たに発表されたSamsung Z4は、一昨年10月に発売された「Samsung Z3」ではなく、むしろ昨年発売された「Samsung Z2」の後継モデルと呼ぶべきローエンドモデルとなります。

以下は、Samsung Z4の主なスペック。

OS Tizen 3.0
ディスプレイ 4.5インチ WVGA(800×480)液晶ディスプレイ
SoC 1.5GHz駆動 クアッドコア SoC(※詳細非公開)
RAM 1GB
ストレージ 8GB
メインカメラ 約500万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 b/g/n
バッテリー 2,050mAh
その他 デュアルSIM機能
microSDカードスロット

将来的にTizen 4.0へのアップデートが実施されることも予測されますが、今回サムスンからSamsung Zシリーズに対するOSアップデートの予定については明らかにされませんでした。

なお、既に今月19日よりインド国内にて販売が開始されていますが、価格については5790インドルピー(約1万円)と、やはりSamsung Z3よりも低く設定されています。

[SamMobile[1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます