「Samsung Pay」、香港でも正式にサービスイン

韓国サムスンは25日(現地時間)、同社の提供するモバイル決済サービス「Samsung Pay」を、香港国内において正式にサービスインさせました。

昨年7月下旬には「Apple Pay」、昨年10月下旬には「Android Pay」が既に香港市場においてサービスインを迎えていましたが、ライバル2社に遅れること半年以上、ついに今回、Samsung Payも同市場へと上陸を果たしました。

また、先月末から現在までにかけて、サムスンは非常に早いペースでSamsung Payの生息域を拡大させており、既に直近の1ヶ月の間に、香港を含む6ヶ国に対してサービスの提供を開始しています。

なお、Samsung Payがサービスインしたのは香港で19ヶ国目となりますが、既にApple Payは21ヶ国にて利用可能となっています。一方で、Android Payは12ヶ国と、やや遅れを取っている感は否めません。三つ巴の陣取り合戦は、サムスンとアップルの両者が一歩リードといったところでしょうか。

[サムスン via Pocketnow]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます