「Windows Phone」、今後も継続へ ―マイクロソフトCEOが予告

MSPoweruserは3日(現地時間)、米マイクロソフトのサティア・ナデラCEOによって、スマートフォン事業における今後の展望が明らかにされたことを伝えています。

サティア・ナデラ氏

ナデラ氏が今回、Marketplaceとのインタビューにおいて語ったところによると、「今後もWindows OSスマートフォンを投入する予定ではあるが、今日あるような形の製品とは異なるものになると思われる」とのことです。

また、同社がSurfaceシリーズにおいて、「2-in-1型タブレットPC」という新たな人気カテゴリを創出することに成功したことにも触れ、スマートフォンの分野においても同様の成功を目指していることを強調しました。

残念ながら今回、具体的な製品の仕様や特徴、登場時期などについて語られることはありませんでした。

しかしながら、同氏は以前にも “新しい「形状」、「機能」および「価値」を付加するようなこれまでにないカテゴリのモバイル端末を生み出す” ことを目指すと宣言しています(過去記事)。 

長らくその発表が期待されている「Surface Phone」は、同社からの “答え” となるかもしれません。

[Marketplace via MSPoweruser via Phone Arena]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月9日 21:51 No.43249 返信

    これから続けても、赤字の垂れ流しにしかならない気が…
    <Windows Phone
    まぁ、これぐらいの赤字で揺らぐMSではないだろうけど。

  2. No Name 2017年5月10日 22:18 No.43317 返信

    合体変形化

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます