9to5Macは27日(現地時間)、「MacBook Air」と「MacBook Pro」の一部モデル、および「iPhone 3GS」が、来月30日より「オブソリート製品」扱いになることが判明したと伝えています。

米アップルによって「製造中止から 7 年以上が経過した製品」と定義されるオブソリート製品は、修理などのハードウェア関連のサポートの完全な対象外として扱われます。

以下は、新たにオブソリート製品扱いへと変更される製品の一覧。

MacBook Air

  • 11インチモデル(Mid 2011)
  • 13インチモデル(Mid 2011)

MacBook Pro

  • 13インチ(Late 2011)
  • 15インチ(Late 2011)
  • 17インチ(Late 2011)
  • 17インチ(mid 2009)※一部市場で「ビンテージ製品」扱いに

iPhone 3GS

  • 16GBモデル
  • 32GBモデル

周辺機器

  • AirPort Express 802.11n(第1世代)

なお、この変更は、2017年6月30日に実施される予定とのこと。該当製品を現在もなお使用しており、かつハードウェア的に不安な部分があるならば、早めに行動に起こした方が良さそうです。

[アップル via 9to5Mac]