Xiaomi、新型ミッドレンジファブレット「Mi Max 2」を発表 ―5300mAhバッテリー搭載

中国Xiaomiは25日(現地時間)、6.44インチディスプレイを搭載する新型ミッドレンジファブレット「Mi Max 2」を、新たに発表しました。

新たに発表されたMi Max 2は、昨年5月に発表された「Mi Max」の後継モデルですが、よりバッテリーライフの延長に重きが置かれた製品に仕上げられています。

以下は、Mi Max 2の主なスペックと特徴。

OS MIUI 8(※Android Nougat)
ディスプレイ 6.44インチ フルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ
SoC Qualcomm 2.0GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 625
RAM 4GB
ストレージ 64 / 128GB
メインカメラ 約1,200万画素 Sony IMX386
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 5,300mAh
その他 microSDカードスロット
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
外形寸法 174.1(W) × 88.7(D) × 7.6(H) mm
本体重量 211g

Mi Maxには「Snapdragon 650」が搭載されていましたが、Mi Max 2は、処理性能では劣るものの省電力性では勝るSnapdragon 625を採用。さらにバッテリーの容量を4850mAhから5300mAhにまで増量したことで、バッテリーライフを大幅に延長させています。

また、新たに「画面分割表示」機能が実装されたことにより、2つのアプリを同一画面上に並べて使用することが可能になりました。

なお、Mi Max 2は、来月1日より中国国内にて1699人民元(約2万8000円)より販売が開始される予定です。

[Xiaomi[1][2] via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます