Essential、新型スマートスピーカー「Essential Home」を発表

米Essentialは30日(日本時間)、新型スマートスピーカー「Essential Home」を発表しました。

Essential Homeは、先日米Amazonより発表された「Amazon Echo Show」(過去記事)と同様に、大型タッチ対応ディスプレイを搭載するスマートスピーカー。

情報の検索やリマインダーの設定から、接続したIoT製品の操作まで、搭載されているバーチャルアシスタントを介して様々な操作を実行可能にしています。

また、「Ambient OS」という独自のカスタムOSが実装されており、既存のスマート家電製品などとも高い親和性を実現しているとのことです。

そのほか、クラウドサービスを活用する多くの競合製品と差別化される大きな特徴として、Essential Homeは、基本的に “ローカル” な端末である点が挙げられます。

各種アプリなどのデータは本体内蔵のストレージに保存され、周辺機器と接続する際にも、インターネットを介することなく機器同士で直接接続されるとのこと。

なお、Essential Homeは、今回その存在が発表されただけであり、販売価格や発売日などについては一切明らかにされていません。

[Essential via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます