Galaxy Note8、開発コードネームは「Gr3at」に?

世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は14日(現地時間)、今夏中の登場が予測されている「Galaxy Note8」には、「Gr3at」という開発コードネームが与えられていることをリークしました。

ブラス氏によると、Galaxy Note8の開発コードネームは、広く伝えられている「Great」ではなく、実際には “Gr3at” であるとのこと。

数字の「3」を反転させるとアルファベットの「E」と読ませることもできますが、残念ながら今回、韓国サムスンがあえて数字の3を採用した意図については、一切言及されませんでした。

非常にシンプルな推測としては、何か “3つの大きな進化” がもたらされる可能性に思い至ります。

これまでの情報を顧みるに「デュアルカメラの搭載」、「Infinity Displayの採用」、「ディスプレイ一体型指紋認証センサーの実装」あたりが有力候補でしょうか。

しかしながら、3つ目の要素については先日、Galaxy Note8への採用が見送られたとも報じられており(過去記事)、そもそも前述の推測自体が正しいかどうかすらも、現時点では分かりません。続報に要注目です。

[Twitter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます