iPhone 8、未だに「指紋認証センサー」の最終仕様決まらず?

AppleInsiderは21日(現地時間)、米証券会社Cowen and Companyのアナリストによって、「iPhone 8」の一部仕様および発売時期について、新たな予測が発表されたことを伝えています。

「iPhone 8」のコンセプト画像

同社アナリストのティモシー・アーキュリ氏によると、米アップルは、未だiPhone 8に搭載する指紋認証センサーの最終的な仕様を決定していない状況にあるとのことです。

ただし、今月末までには、3つ存在する選択肢の中から1つにまで絞られる見通しとされています。

以下は、アーキュリ氏の伝えるところの “3つの選択肢”。

  1. 指紋認証センサーの直上にあたる部分のみ、有機ELパネルの厚みを削る
  2. センサーの直上にあたる部分のみ、有機ELパネルに小さな孔を開ける
  3. フィルム型の指紋認証センサーを採用する

また、同氏は今回、アップルが最終的にどの案を採用するかは不明としつつも、どの案が選ばれたとしても、iPhone 8の計画に1ヶ月ないし2ヶ月の遅れが生じるとの見通しを明らかにしました。

少なくとも、過去に噂されたように、背面部に指紋認証センサーが搭載されることとはならない模様です。

[AppleInsider via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます