アップル、2018年内に「micro-LEDディスプレイ」をウェアラブル製品に採用か

Nikkei Asian Reviewは8日(現地時間)、米アップルが、早ければ2018年にもウェアラブルデバイスに「micro-LEDディスプレイ」を採用する見通しと報じています。

現在、「iPhone 8」に搭載される有機ELディスプレイは、韓国サムスン一社による独占供給となるとの見方が有力視されていますが、アップルとしては、やはりその状態はあまり看過できるものではないようです。

Nikkei Asian Reviewによると、部品供給におけるサムスンへの依存度を低下させるべく、アップルは独自に開発を進めるmicro-LEDディスプレイの早期実用化を目指しているとのこと。

その第一歩として、まずはウェアラブルデバイスへの採用を計画しており、早ければ2018年にも実際の製品に搭載される見通しと報じられています。

なお、同ディスプレイ技術は、通常の液晶ディスプレイ技術よりも薄型化の点で有利であるほか、広色域化や高精細化、および省電力化という観点においても、より優秀である模様(過去記事[1][2])。

また、台湾に新設された研究所にて、現在も鋭意開発が進行していると見られていますが、やはり現時点では生産歩留まりは決して芳しいものでなく、iPhoneなどに採用されるのは、まだしばらく先のこととなるようです。

[Nikkei Asian Review via GSMArena]

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年6月9日 17:12 No.46168 返信

    アップル とソニーは世界のLGの 有機EL を採用。台湾JDIの液晶はもう使わないと思います。

  2. No Name 2017年6月10日 05:55 No.46243 返信

    久しぶりに来たら全然コメントなくなってる。。何があったんだ。。管理人さんがベンチャー立ち上げてたような気がするけどそれもどうなったんだろう。。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます