新型「Gear VR」、2000ppiの超高画素有機ELパネルを搭載か

韓国経済新聞は21日(現地時間)、現在、韓国サムスンが開発中の新型「Gear VR」には、非常に画素密度の高い有機ELディスプレイが搭載される見込みと報じています。

歴代のGear VRシリーズは、どれもスマートフォンを装着して使用することを前提にした製品でしたが、この新型モデルは、「HTC Vive」や「Oculus Rift」などと同様に、製品本体にディスプレイが搭載されている模様です。

そして、報道によると、新型Gear VRに搭載される有機ELディスプレイの画素密度は「2000ppi」にも達する見込みとのこと。

「Galaxy S8+」に搭載されているディスプレイの画素密度が570ppiであることを考えると、その凄まじさが多少なりとも実感できるように思われます。

また、VR体験の負の側面として、「目まい」や「VR酔い」を誘発する危険性がしばしば指摘されますが、とある業界関係者は今回、ディスプレイの画素密度が1000ppiを超えると、それらの現象は発生しにくくなるとの見解を示しました。

なお、この新型Gear VRの登場時期については判明していませんが、早ければ「Galaxy S9」シリーズとともに発売されることになるかもしれません。

[韓国経済新聞 via SamMobile]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年6月22日 19:37 No.47618 返信

    かつてのHMZシリーズが約2000ppiの有機ELだったからそれと同系のパネルかな
    密度上げてもスマホGPUの描画力じゃ劣化VRなのは変わらないね

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます