「iPhone 8」の外形寸法がリーク ―iPhone 7よりわずかに大きく

iDrop Newsは5月30日(現地時間)、“米アップルの最新製品に精通する工場労働者” を通じて、「iPhone 8」の外形寸法に関する情報が、新たにリークされたことを伝えています。

左から順に「iPhone 7」、「iPhone 8」、「iPhone 7 Plus」

今回の情報は、iPhone 8の消息筋として連日多くの情報をリークしているベンジャミン・ジェスキン氏を、その出所としています。

ジェスキン氏が新たに掴んだ情報によると、iPhone 8の外形寸法は、143.59(W) × 70.94(D) × 7.57(H) mmになるとのこと。

さらに同氏は今回、過去にリークされた図面や前述の外形寸法に基づいて、端末のサイズ比較用のレンダリング画像を公開しましたが、どうやらiPhone 8のサイズ感は、「iPhone 7」よりやや大きい程度となる模様です。

なお、iPhone 8には、新開発の「A11」プロセッサや3D顔認証システム、デュアルカメラにディスプレイ統合型の指紋認証センサーのほか、ワイヤレス充電機能などが実装される見通しとされています。

[iDrop News via BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます