サムスン、2種類の新型SoC「Exynos 9610 / 7872」を開発中か

GSMArenaは6日(現地時間)、韓国サムスンの新型SoC「Exynos 9610」および「Exynos 7872」について、新たな情報がリークされたことを伝えています。

新たにリークされた情報によると、Exynos 9610はオクタコアSoC、Exynos 7872はヘキサコアSoCとして開発されているとのことです。

以下は、今回リークされた両プロセッサのスペック。

Exynos 9610

  • Coretx-A73 × 4コア + Cortex A53 × 4コア
  • Mali-G72 MP3
  • LTE Cat.13 対応
  • 14nm FinFET LPPプロセス

Exynos 7872

  • Cortex-A73 × 2コア + Cortex A53 × 4コア
  • Mali-G71 MP1
  • LTE Cat.7 対応
  • 14nm FinFET LPPプロセス

両プロセッサともに「14nm FinFET LPP」プロセスで製造されますが、Exynos 9610は、ハイエンド端末向けの高性能プロセッサ、Exynos 7872については、ミッドレンジ向けプロセッサとなる模様。

また、Exynos 7872に搭載される通信モデムは、中国のLTEバンドすべてに対応する見込みとされており、おそらくは「Exynos 7 Octa 7880」の後継モデルとして投入されるものと推察されます。

なお、Exynos 9610については、2017年第4四半期中に登場する見込みとのことです。

[WeiboMyFixGuide via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます