クアルコム、急速充電の次世代規格「Quick Charge 4+」を発表

米クアルコムは1日(現地時間)、急速充電技術の次世代規格「Quick Charge 4+」を発表しました。

今回新たに発表されたQuick Charge 4+は、昨年11月に発表された「Quick Charge 4」の後継規格であり、充電速度および電力効率の改善に加え、安全性の向上もが実現されています。

プレスリリースによると、Quick Charge 4+では、前世代規格にも採用されていた「Dual Charge」機能がさらに進化。2基のICチップを活用して電力管理を行う点については同様ですが、新たに「Intelligent Thermal Balancing」と呼ばれる機能が追加されました。

この新機能により、充電時には常に“最も温度が低い状態にある電流経路” が自動的に使用されるようになったため、従来以上に最適化された電力供給が可能になったとされています。

さらには、「Advanced Safety Features」と呼ばれる安全機能も実装されました。これにより内蔵バッテリーのほか、端末本体およびコネクタの温度も同時に監視されるようになり、過熱に起因する事故の発生が未然に防がれます。

そして、これら多くの改善がもたらしたのは、Quick Charge 4比で最大15%の充電速度の向上と、最大30%の電力効率の改善。安全性を高めつつ、堅実な進化を果たしました。

なお、数日前に中国ZTEから発表された最新フラッグシップスマートフォン「nubia Z17」が、世界初のQuick Charge 4+対応機種となります。今後、対応機種は順次拡大されていく見通しです。

[クアルコム via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年6月3日 23:15 No.45310 返信

    充電が進化するのは喜ばしいし構わないけども、普通にバッテリーの方も進化してくれませんかね

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます