サムスン、Galaxy Note8への「ディスプレイ一体型指紋認証センサー」の採用を断念か

The Korea Heraldは19日(現地時間)、韓国サムスンが、「Galaxy Note8」への「ディスプレイ一体型指紋認証センサー」の採用を見送る見通しと報じています。

The Korea Heraldが複数の消息筋から得た情報によると、同社は現在、ディスプレイ一体型指紋認証センサー技術の開発に難航しており、特にディスプレイ直下に埋め込まれる指紋を読み取るための回路の開発に苦戦しているとのこと。

また、生産歩留まりの低さと、センサーの透明度の確保においても、技術的な壁にぶつかっている模様です。

既にGalaxy Note8への採用は見送る方針に決定されつつあるようですが、現時点では、そのことについて公式からは一切の情報が発表されていません。

なお、同様の技術は、米アップルの「iPhone 8」にも実装される見通しですが(過去記事)、早ければ来週中にも、中国Vivoが世界初の “ディスプレイ一体型指紋認証センサー搭載スマートフォン” を発表する見込みです(過去記事)。

[The Korea Herald via SamMobile]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます