Phandroidは14日(現地時間)、「Galaxy Note8」のフロントパネルとされる部品の画像が、新たにリークされたことを伝えています。

横に2枚並べられたフロントパネルのうち、それぞれ左側が「Galaxy S8+」、右側の方がGalaxy Note8のものとのことですが、後者の方が一回り大きく、またより平面に近い形状をしているように見受けられます。

また、直近の情報では、Galaxy Noteには6.3インチの「Infinity Display」が搭載される見落としとされていましたが、Galaxy S8+との比較を見る限りでは、ディスプレイのサイズは、少なくとも6.3インチ以上となる模様です。

先日リークされた「Galaxy Note8」のレンダリング画像

なお、数日前には、Galaxy Note8の鮮明なレンダリング画像がリークされました(過去記事)。上下のベゼル幅に若干の差異があるようにも見受けられますが、両者のデザインはほぼ合致しています。

Galaxy Note8は、来月23日に米ニューヨークにて発表される見通し。続報に要注目です。

[Twitter via Phandroid via Phone Arena]