アップル、故障した初代Apple Watchを「Apple Watch Series 1」と交換へ

MacRumorsは20日(現地時間)、初代「Apple Watch」の修理対応について、米アップルが販売店の従業員および公認サービス提供者に対して、新たな指示を通達したことを伝えています。

初代Apple WatchとApple Watch Series 1は、搭載プロセッサが変更された点を除き、ほとんど同一仕様の製品となります。

MacRumorsによると、店頭に持ち込まれた初代Apple Watchを修理する際に、交換の必要があるパーツについては、昨年9月に発表された「Apple Watch Series 1」のパーツと交換するようアップルから指示が通達されたとのことです。

なお、対象となるのは、初代Apple Watchのうち「シルバー」、「スペースグレー」、「ゴールド」および「ローズゴールド」モデルのみとなる模様。また、一部地域でのみ実施されると見られますが、具体的な地域については明らかにされていません。

なお、初代モデルの正統後継となる「Apple Watch Series 2」は、昨年9月に発表されましたが、さらにその後継機種の登場時期については、今のところ具体的な情報はリークされていません。

[MacRumors via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます