スマートフォンメーカー各社、減産傾向に ―「iPhone 8」を警戒

DigiTimesは24日(現地時間)、米アップル以外のスマートフォンメーカーが、軒並み減産傾向にあることを報じています。

DigiTimesによると、「iPhone 8」の爆発的な需要を見越して、各社スマートフォンに搭載するチップ類の発注を控えている状態にあり、ファブレスな半導体チップの製造メーカーである台湾MediaTekや中国HiSiliconなども、その煽りを受ける見通しとのことです。

なお、iPhone 8に搭載される次世代プロセッサには、台湾TSMCの「10nm FinFET」プロセスが採用されると見られていますが、同プロセスについては、少なくとも2018年第1四半期までは、アップルに独占される見込みとされています。

また、TSMCは、「16nm FinFET」プロセスを改良した「12nm FinFET」プロセスの提供も計画していますが、前述の理由から、12nm FinFETプロセスに対する非アップル陣営からの関心が高まりつつある模様です。

[DigiTimes via MacRumors via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます