韓国市場向け「Galaxy A7(2017)」、新たにBixbyを実装

Android Authorityは12日(現地時間)、今回新たに韓国市場において発売された「Galaxy A7(2017)」に、韓国サムスンの開発するバーチャルアシスタント「Bixby」が実装されたことを伝えています。

今年1月に発表された同機種は、既に幾つもの市場において発売されていましたが、ついに今回、お膝元である韓国市場でも販売が開始されることとなりました。

Android Authorityによると、基本的な仕様については、他市場に投入されたモデルと完全に同一となりますが、韓国市場向けモデルのみの限定仕様として、新たにBixbyが搭載されているとのことです。

ただし、音声操作などの一部機能には対応していないほか、「Galaxy S8」シリーズに初めて採用されたBixbyボタンは搭載されていません。

今回、Galaxy A7(2017)は、「Galaxy S8」シリーズ以外では “世界初のBixby搭載機” となりましたが、同時にミッドレンジモデルとしても、世界で初めてBixbyを実装した形となります。

今後は、より多くの新型モデルにBixbyが搭載される見通しですが、あるいは既存の端末にも、ソフトウェアアップデートなどの形でBixbyが提供されることになるかもしれません。

[Android Authority]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます