グーグル、Android版「Motion Stills」アプリを正式にリリース

米グーグルは20日(現地時間)、GIFアニメを手軽に作成することを可能にするAndroid OS向けアプリ「Motion Stills」の配信を開始しました。

Motion Stillsは、iOS特有の機能である「Live Photos」を、手軽にループGIFアニメへと変換するためのアプリとして昨夏リリースされましたが、およそ1年の時を経て、そのAndroid版アプリの配信が開始されました。

現在、Android OSにはLive Photosのような機能は実装されていませんが、Motion Stillsアプリ上において3秒間の短い動画を撮影することが可能であり、撮影された映像は、独自のアルゴリズムによってGIFアニメへと変換されます。

また、変換処理の際には、GPU処理による手振れ補正とループ処理の最適化も同時に行われるとのことです。

そして、「Fast Forward」は、同アプリのもう1つの “目玉” 機能。最長1分間までの動画を、友人などと共有しやすい短さのクリップに圧縮することができるほか、撮影後に等倍速から最大8倍速までの間で、再生速度を変更することを可能にします。

「Fast Forward」機能で撮影された映像にも、手振れ補正は行われる

なお、グーグルは今回、Motion Stillsアプリに対するユーザーの反応によっては、将来的に「Google Photos」などにも同様の機能が統合される可能性を示唆しました。

[Google Research Blog via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます