「Galaxy S8 Active」の実機画像がリーク ―平面ディスプレイを搭載

SamMobileは23日(現地時間)、韓国サムスンの新型フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8 Active」の実機画像が、新たにリークされたことを伝えています。

背面部には、「Galaxy S8 Active」のロゴ

「Galaxy S6 edge」において、シリーズで初めて曲面ディスプレイが採用されてからも、タフネスモデルであるGalaxy S Activeシリーズには、変わらず平面ディスプレイが採用され続けてきました。

しかしながら、今年発表された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」は、ともに新型曲面ディスプレイ「Infinity Display」を採用。今年のタフネスモデルにも曲面ディスプレイを採用する可能性が、にわかに浮上しました。

既に、これまでにリークされた情報(過去記事[1][2])から、Galaxy S8 Activeには、引き続き平面ディスプレイが採用されるものと見られていましたが、今回改めてそれが裏付ける形となりました。

なお、Galaxy S8シリーズには、18.5:9という特殊なアスペクト比を持つ「Infinity Display」が搭載されていますが、画像を見る限りでは、Galaxy S8 Activeのディスプレイも、一般的なアスペクト比(16:9)とは異なっている模様です。

[Slashleaks via SamMobile]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年7月25日 06:46 No.51080 返信

    感圧ホームボタンは共通なのね

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます