「Kirin 970」、Huawei Mate 10とともに10月中に登場か

MyDriversは25日(現地時間)、中国ファーウェイの次世代フラッグシップSoC「Kirin 970」が、今年9月より量産され始める見込みと伝えています。

MyDriversによると、Kirin 970は、現行フラッグシップモデル「Kirin 960」と同じく「Cortex-A73」を採用する一方で、GPUのコア数については、8基から12基へと増加されている模様。

製造プロセスについても、台湾TSMCの「16nm FinFET」から「10nm FinFET」プロセスへと刷新されるため、コア数の増加したGPUはもちろん、CPUについても性能は改善される見通しです。

また、Kirin 970は今年9月から量産が開始され、ファーウェイの次世代フラッグシップファブレット「Huawei Mate 10」に搭載される形で、今年10月中にも市場に登場する見通しとのこと。

「FULL ACTIVE」ディスプレイ

なお、直近の情報では、Huawei Mate 10には、先月中旬にJDIが量産を開始した4辺ベゼルレス液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE」(過去記事)が採用される可能性が指摘されています(過去記事)。

さらには、8GBのRAMが搭載されるとも噂されており、フラッグシップファブレットの金字塔であるGalaxy Noteシリーズに比肩し得る強力なライバルとなりそうです。

[MyDrivers via Playfuldroid via GSMArena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年7月27日 23:41 No.51656 返信

    A75の提供はまだか

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます