「iPhone 8」、やはり背面部に指紋認証センサーを搭載か ―新たな画像が示唆

Hi-Tech Mail.Ruは20日(現地時間)、「iPhone 8」の筐体とされる部品の画像が、新たにリークされたことを伝えています。

先日、iPhone 8の電源ボタンが大型化され、そこに指紋認証機能も統合される可能性について報じられましたが(過去記事)、今回新たにリークされた画像は、ここ最近すっかりと影を潜めた “噂” を再燃させるものとなりました。

画像を見る限りでは、かつて報じられたように(過去記事[1][2])、指紋認証センサーは、米アップルのロゴのすぐ真下に搭載される模様です。

先日公開された「iPhone 8」のレンダリング画像。電源ボタンの大型化を確認

なお、iPhone 8の指紋認証センサーについては多くの情報が錯綜しており、最終的にどこに配置されるのか、あるいはどこにも配置されないのかは分かりません。

仮に背面部に配置されるのであれば、いっそアップルのロゴに統合されてしまえば、だいぶすっきりとしたデザインになりそうなものですが、はたして。

[Slashleaks via Hi-Tech Mail.Ru via GSMArena]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年7月22日 18:30 No.50721 返信

    あえてリンゴマークをセンサーにしてもよかったかも。

  2. No Name 2017年7月23日 00:49 No.50760 返信

    なんかダサいデザイン。ジョナサンアイヴがこんなダサい背面デザインにするかなあ??

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます