Huawei P10、後継機種は「Huawei P20」として年内に登場か

The Leakerは7日(現地時間)、米国特許商標局(USPTO)のデータベース上に、新たに中国ファーウェイによって出願された「Huawei P20」という商標登録が公開されたことを伝えています。

どうやら「Huawei P10」シリーズの後継機種は、「Huawei P11」ではなく、Huawei P20として登場することとなりそうです。

なお、直近の情報によると、Huawei P20は、未発表の新型フラッグシップSoC「Kirin 970」を搭載し、背面部のデュアルカメラは、手振れ補正機構とHDR撮影機能にさらなる磨きが掛けられる見込みとのこと。

また、ディスプレイには、WQHD(2560×1440)解像度の5.7インチ曲面パネルが採用されるほか、ここ最近のフラッグシップモデルのトレンドに則り、端末はベゼルレスデザインに仕上げられるとされています。

なお、Huawei P20は、年末までに発表される可能性が指摘されていますが、年内後半には、「Huawei Mate 10」も登場する見通し。歴代のHuawei Pシリーズの発表時期を顧みるに、Huawei P20は、2018年上半期中に登場する可能性が高そうです。

[USPTO via The Leaker via Android Headlines]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年7月17日 19:45 No.49924 返信

    デザインを大きく変えるのでナンバリングを大きく変えたとかかな

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます