Android Authorityは14日(現地時間)、ソニー製の一部テレビ製品が、新たに米Amazonのバーチャルアシスタント「Alexa」に対応したことを伝えています。

新たにAlexaをサポートしたことにより、Amazon製のスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを介して、テレビを音声操作できるようになります。

ただし、現時点でこの機能はベータ版となっており、すべての機能が解放されている訳ではありません。電源や音量の操作や、再生中のビデオや動画の操作など、基本的な操作しか実行できない模様です。

また、2016年および2017年に米国市場で発売された一部製品のみが対象とされており、国内向けモデルについては対象外となっています。

今回ソニーとAmazonが見せた協業は実に興味深い限りですが、まずは一日も早くAlexaが日本語に完全に対応することに期待したいところです。

[ソニー via Android Authority]