「USB 3.2」規格が発表 ―転送速度は従来比2倍に

USB 3.0 Promoter Groupは25日(現地時間)、「USB 3.2」規格の暫定版仕様を発表しました。

既存の「USB 3.1 Gen.2」規格までは、データ転送に1つの「レーン」と呼ばれる伝送路を利用してきましたが、「USB 3.2」規格において「マルチレーン技術」が実装され、同時に最大2つのレーンを用いてデータ転送を行えるようになりました。

各レーンあたりの伝送速度を5Gbps(=625MB/s)または10Gbps(=1.25GB/s)とすることにより、従来の2倍も高速となる2GB/sを超えるデータ転送を可能にするとされています。

また、USB 3.2規格は、既存のUSB Type-Cケーブルとの互換性を有しているほか、エンコード技術および物理層についても、従来のものを踏襲するとのこと。

なお、今回新たに発表された仕様は “暫定版” であり、最終的な仕様は、今年9月に開催されるUSB Developer Days North Americaにて発表される予定です。

[Business Wire via GSMArena]

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年7月28日 23:38 No.51951 返信

    速度向上もいいが、もう少しケーブル細くなってくれると助かる。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます