MediaTek、新型ミッドレンジSoC「Helio P23 / P30」を発表

台湾MediaTekは28日(現地時間)、新型ミッドレンジSoC「Helio P23」および「Helio P30」を発表しました。

新たに発表された2種類の新型SoCは、それぞれ「Helio P20」と「Helio P25」のマイナーチェンジモデルとなります。

両モデルとも、8基の「Cortex-A53」コアと「Mali-G71 MP2」を搭載するオクタコアプロセッサであるという点において共通していますが、Helio P30のみVPU(Vision Processing Unit)を実装しているほか、「H.265/HEVC」コーデックでのエンコードにも対応しているとのこと。

また、両モデルともに、big.LITTLE構造の “LITTLE側クラスタ(4コア)” の動作周波数はわずかに向上していますが、Helio P30については、“big側クラスタ(4コア)” の最大動作周波数がHelio P25よりも低く設定されています。

一方で、GPU構成については、「Mali-T880 MP2」からMali-G71 MP2へと強化されているほか、最大動作周波数もより高く設定されているため、Helio P25を上回る総合的なパフォーマンスが期待できそうです。

そして、両プロセッサともに、台湾TSMCの「16nm FinFET」プロセスで製造されるほか、新たにVoLTE方式による音声通話にも対応しました。

なお、Helio P23およびHelio P30は、ともに2017年第4四半期中より、まずはアジア市場を足掛かりとして世界各国に出荷が開始される予定とのことです。

[MediaTek via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます