サムスン、クラムシェル型ハイエンドスマートフォン「领世旗舰8」を発表

韓国サムスンは3日(現地時間)、新たにクラムシェル型のハイエンドスマートフォン「领世旗舰8(SM-G9298)」を発表しました。

领世旗舰8は、いわゆる “ガラケー” と同じ開閉機構と形状を持つスマートフォンであり、1世代前のフラッグシップモデルと同等のスペックを備えています。

以下は、领世旗舰8の主なスペック。

OS ※非公開

ディスプレイ
メイン:4.2インチ フルHD(1920×1080)Super AMOLEDディスプレイ 
サブ:同上
SoC Qualcomm 2.15GHz駆動 64-bit クアッドコア Snapdragon 821
RAM 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 約1,200万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE

ワイヤレス
Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 2,300mAh
その他 microSDカードスロット(最大256GB)
デュアルSIM機能
ワイヤレス充電機能
外形寸法 130.2(W) × 62.6(D) × 15.9(H) mm
本体重量 235g

同社の独自モバイル決済サービス「Samsung Pay」に対応するほか、別売りの充電器と組み合わせて使用することで、ワイヤレス充電を行うことも可能にしています。

また、领世旗舰8は、既報通り中国国内でのみ販売されることとなる模様ですが(過去記事)、価格や発売日などについては後日改めて発表される見通しです。

[サムスン via SamMobile]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年8月9日 21:00 No.53678 返信

    なんて読むんだろう

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます