Android One版「Moto X4」、正式発表 ―Project Fiに対応

米グーグルは20日(現地時間)、「Android One」ブランドの新型モデルとして、「Android One Moto X4」を発表しました。

新たに発表されたAndroid One Moto X4は、その名が示す通り、先日発表された「Moto X4」のAndroid One版であり、OSに “ピュアAndroid(端末メーカーが手を加えていない純正Android OS)” が搭載されている点を除けば、オリジナル版Moto X4と “ほぼ” 完全に同一仕様になります。

一方で、Android One Moto X4は、グーグルが一部地域において提供しているMVNOサービス「Project Fi」にも対応。オリジナルモデルにはない利点の1つであると言えます。

また、年末までには「Android 8.0 Oreo」、将来的には「Android P」までのアップデートが確約されている点も、Android One端末ならではの魅力です。

以下は、オリジナル版Moto X4の主なスペック(過去記事)。

OS Android 7.1 Nougat
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 2.2GHz 64-bit Snapdragon 630
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素 標準カメラ + 約800万画素 広角カメラ)
フロントカメラ 約1,600万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.11)

ワイヤレス
Bluetoot 5.0 BLE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,000mAh


その他
microSDカードスロット(最大2TB)
USB Type-Cポート
指紋認証機能
防塵防水機能(IP68相当)
急速充電機能(TurboPower)
外形寸法

148.35(W) × 73.4(D) × 7.99~9.45(H) mm

本体重量 163g

なお、販売価格は399ドル(約4万5000円)とのこと。Project Fiへの対応がセールスポイントの1つとされていることを踏まえるに、国内市場での発売には期待しない方が良さそうです。

[グーグル via Droid Life]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます