アップル、「iOS 11」の提供を開始 ―iPhone 5s以降が対象に

米アップルは20日(日本時間)、iPhoneおよびiPadシリーズ向けOSの次期バージョン「iOS 11」の提供を正式に開始しました。

かねてより予告されていた通り、国内市場においてもiOS 11の提供が開始されました。

なお、iOS 11においては、「Siri」の言語能力の強化や新たなARプラットフォーム「ARKit」のサポート、ドラッグ&ドロップ操作の実装、新しい画像フォーマットの採用、コントロールセンターとApp StoreのUI刷新など、多くの新要素が導入されています(過去記事)。

以下は、iOS 11へのアップデートが可能な機種の一覧。

iPhone

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

iPad

  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iPod Touch

  • iPod touch(第6世代)

 

アップデートは、「設定」メニューの中にある「一般」という項目をタップし、最後に「ソフトウェアアップデート」を選択することで開始することができます。

なお、iOS 11へとOSを刷新することで、端末内のデータやアプリに想定外の影響がもたらされる恐れがあるため、事前のバックアップ作成をお忘れなきようお気を付けください。

[アップル]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます