アップル、セルラー通信時のダウンロード制限を「150MB」にまで緩和

米アップルは19日(現地時間)、セルラー通信時における、ダウンロード可能なデータ量の制限を100MBから150MBに緩和したことを発表しました。

セルラー通信時にダウンロード可能なデータ量の上限が引き上げられたのは、50MBから100MBへと緩和された2013年以降では初。App Store創世記と比較すると、実に15倍も大きなデータをダウンロードすることが可能になりました。

なお、データ量の増大率だけ見れば1.5倍と大きいですが、それでもコンテンツのリッチ化がさらに進む現代において、150MBという上限は十分であるとは言えません。

とはいえ、この厳しい制限も、いわゆる「パケ死」を未然に防ぐためのアップルの “優しさ” でもあります。

いずれ世の中から「従量課金」という仕組みが消失し、「定額課金」が完全に世界を支配した暁には、アップルの “優しさ” も世界から消え去ることとなるかもしれません。

[アップル via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます