「Apple Watch Series 3」、MVNO回線には未対応 ―今後の対応に期待

ケータイWatchは22日(日本時間)、昨日に国内発売された「Apple Watch Series 3」が、MVNO(仮想移動体通信事業者)の提供する通信回線に未対応であると判明したことを伝えています。

まず前提として、Apple Watch Series 3のセルラーモデルにおいては、ペアリングしているiPhoneが接続する回線を介して、セルラー通信を行う方式が採用されています。

そのため、国内においてApple Watch Series 3のセルラー通信機能を利用するには、販売したキャリアの回線を主回線とするiPhoneとの接続が必須となります。

ケータイWatchが今回伝えるところによると、ドコモの通信回線を利用するMVNOであるIIJから、「同キャリアの提供している回線では、Series 3のセルラー通信機能は利用できない」ことが公式に明らかにされたとのことです。

また、KDDIのサブブランドであるUQ Mobileからの返答はまだないものの、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルからも、「ワイモバイル回線では、セルラー通信機能は利用できない」という回答を得たとされています。

なお、MVNOの提供する回線でセルラー通信機能が利用できない原因は、主に「現状、MVNOにはeSIMに登録されている情報の書き換えを行うことができない」という現在の状況にある模様。

将来的にどうなるかは未知数ですが、少なくとも現時点では、MVNOのSIMカードを利用しているiPhoneユーザーにとって、Apple Watch Series 3のセルラーモデルを購入する “旨味” はほとんどないと言って良さそうです。

[ケータイWatch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます