NHKは11日(日本時間)、米グーグルの最新スマートスピーカー「Google Home」が、来月上旬に国内発売されることを報じています。

発売日や販売価格もそうですが、搭載されているバーチャルアシスタント「Google Assitant」が、どこまで日本語への対応を果たしているかは非常に気になります。

少なくとも、「Android 7.x Nougat」世代のGoogle Assisantと同程度の理解力が備わっていると推察されますが、あわよくば “進化したGoogle Assistant”(過去記事)が実装されることに期待したいところです。

はたして、Google Homeは、王者不在の国内スマートスピーカー市場における覇者となれるのでしょうか。続報に要注目です。

[NHK]