HTCのスタンドアロン型VRヘッドセット、「Vive Focus」として発売か

LetsGoDigitalは15日(現地時間)、台湾HTCのスタンドアロン型VRヘッドセットが、「Vive Focus」として発売される可能性を指摘しています。

LetsGoDigitalによると、USPTO(米国特許商標局)とEUIPO(欧州連合知的財産庁)のデータベース上に、新たにHTCによって出願されたVive Focusという商標登録が公開されたとのことです。

Vive Focusという商標がどのような製品に使用されるかは不明ですが、同社は今年7月、中国国内にて新型スタンドアロン型VRヘッドセット「Vive Standalone」を発表しています(過去記事)。

また、米グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」対応のスタンドアロン型VRヘッドセットが、年末までにHTCから発表されることも公式に予告されています(過去記事)。

現時点で有力そうな可能性としては、Vive Standaloneが、Vive Focusと名を改めて発売されるか、あるいは未発表のDaydream対応VRヘッドセットが、Vive Focusとして発表されるかのどちらかでしょうか。

また、Vive Standaloneについてですが、米クアルコムと共同で開発されており、「Snapdragon 835」と「Inside-out」方式の位置検知システムが搭載されているということを除き、詳細は一切不明。

なお、来月4日には「Pixel 2」シリーズが発表される見通しですが(過去記事)、発表の場では、Daydreamに関する発表も期待されており、Vive Focusに関する新情報が明らかにされることになるかもしれません。

[LetsGoDigital via SlashGear via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます