「Huawei G10」、今月22日に発表へ ―クアッドカメラを搭載

IT之家は13日(現地時間)、中国ファーウェイの新型スマートフォン「Huawei G10(Maimang 6)」が、今月22日に中国国内で発表されることが判明したと伝えています。

この新型スマートフォンは、中国国内では「Huawei 麦芒 6(Maimang 6)」として発表されますが、同国以外の市場ではHuawei G10として発売される見通しとのこと。

また、TENAAのデータベース上には、Huawei G10と見られる端末の実機画像も登録されているほか、世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏も今回、同端末の画像をリークしています。

TENAAに登録されていた「Huawei G10」の画像(上)/ ブラス氏がリークした同機種の画像(下)

画像を見る限りでは、Huawei G10は、正面部と背面部の両方にデュアルカメラを搭載している模様。まさに、クアッドカメラ搭載機、あるいは “デュアルデュアル” カメラ搭載機といったところでしょうか。

以下は、新たに新たにリークされたHuawei G10の主なスペック。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ

5.9インチ FHD+(2160×1080)ディスプレイ

SoC 2.36GHz 64-bit オクタコアSoC
RAM 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,600万画素 + 約200万画素)
フロントカメラ デュアルカメラ
(約1,300万画素 + 約200万画素)
バッテリー 3,240mAh
その他 指紋認証機能

日常生活の中における実際的な実用性や利便性などは分かりませんが、少なくとも「個性」という一面においては、なかなかに光るものを持った端末となりそうです。

[IT之家 via GizmoChina via GSMArena / Twitter]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます