ファーウェイ、新型ミッドレンジファブレット「Huawei Maimang 6」を発表

中国ファーウェイは22日(現地時間)、新型ミッドレンジファブレット「Huawei 麦芒 6(Maimang 6)」を、中国国内で正式に発表しました。

新たに発表されたHuawei Maimang 6は、数日前にエヴァン・ブラス氏によって情報がリークされた「Huawei Mate 10 Lite」(過去記事)と、ほぼ完全に同一のスペックを持つ端末として発表されました。

以下は、Huawei Maimang 6の主なスペック。

OS EMUI 5.1(Android 7.0 Nougat)
ディスプレイ 5.9インチ フルHD+(2160×1080)18:9 ディスプレイ
SoC HiSilicon 2.36GHz 64-bit オクタコア Kirin 659
RAM 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,600万画素 + 約200万画素)
フロントカメラ デュアルカメラ
(約1,300万画素 + 約200万画素)
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(VoLTE)

ワイヤレス
Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 b/g/n
NFC
バッテリー 3,340mAh

その他
microSDカードスロット(最大256GB)
デュアルSIM機能
指紋認証機能
外形寸法 156.2(W) × 75.2(D) × 7.5(H) mm
本体重量 164g

スペックは全体的に高めの水準で纏め上げられているほか、正面部と背面部のそれぞれにデュアルカメラを搭載した “クアッドカメラ” 搭載機となりました。

なお、Huawei Maimang 6は、中国以外の市場においては、Huawei Mate 10 Liteとして発売される可能性が有力視されており、来月16日にも独ミュンヘンにて正式に発表される見通し。続報に要注目です。

[Weibo via FoneArena via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます