iPhone X、マルチコア性能で「1万点」越えを達成 ―Geekbench

GeekSnipperは16日(現地時間)、Geekbenchベンチマークのデータベース上に、「iPhone X」と見られる端末のデータが公開されたことを伝えています。

新たに発見されたデータによると、Geekbenchベンチマークにおいて「iPhone10,5」は、シングルコアおよびマルチコア性能のそれぞれで4188点と1万69点を記録したとのこと。

なお、iPhone10,5は、iPhone Xの型番であると見られていますが(過去記事)、既に複数のデータがGeekbench上に公開されており、そのほとんどがシングルコア性能で4200点前後、マルチコア性能で1万300点前後を得点しています。

これらは、「A10 Fusion」プロセッサを搭載している「iPhone 7 Plus」と比較すると、シングルコア性能でおよそ20%以上、マルチコア性能ではおよそ80%以上も高得点となります。

また、Geekbenchベンチマークにおいて、スマートフォン向けプロセッサが1万点の大台を突破するのは、A11 Bionicが初。非常に高性能なプロセッサに仕上げられている模様です。

なお、A11 Bionicプロセッサは、新たに「全CPUコアの同時動作」を可能にしていますが、この新機能こそが、マルチコア性能において圧倒的なスコアの伸びを見せた最大の要因であると推察されます。

[Geekbench via GeekSnipper via GSMArena]

ソーシャルシェア

3 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年9月19日 01:35 No.61650 返信

    普通にインターネット.メール.LINEが使えてiosがもっさりしなければいいのだが…
    ios15になると、A11も もっさりするんでしょうwww

    • No Name 2017年9月19日 17:27 No.61747 返信

      もっさりの原因はほとんどがRAM不足。
      AppleはCPU・GPU性能はケチらないのに、なぜかRAM容量はいつも余裕なし。
      だからOSの機能が増えて重くなると旧機種はもっさりする。
      買い替えを促す策かね。
      RAM容量さえ十分ならA8でもまだまだ現役なんだけどね。

  2. No Name 2017年9月21日 20:36 No.62215 返信

    最近はAチップもコアを増やす方向に行き始めたね。コア性能上げるのも厳しくなってきたのかな。
    とはいえ、コア性能を上げられるだけ上げてからコア数を増やし始めたからやり方としてはいい。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます