HTC、スマートフォン事業をグーグルに売却か

工商時報は7日(現地時間)、米グーグルと台湾HTCとの間で、スマートフォン事業の買収に関する交渉が進行中であると報じています。

工商時報によると、既に両社間の交渉は “最終段階” に差し掛かっており、実際にグーグルが取り得る選択肢としては、「HTCのスマートフォン事業を完全に買収する」、あるいは「HTCを戦略的パートナーとする」の2つになるとのこと。

また、両社がどのような選択をしようとも、HTCのVR事業は売却されずに引き続き独立した事業として運営されていく見通しです。

一方で、DigiTimesは今回、2017年8月期におけるHTCの連結収益が前年度比54.4%減となり、過去13年間で最低の数字を記録したことを報道。

売却に関する報道の真偽は不明ですが、長らく経営的な苦境から脱せぬままでいるHTCを見るに、決してあり得ない話ではないだけに今後の報道には要注目です。

[工商時報 via DigiTimes via Android Police]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年9月9日 03:01 No.59129 返信

    Googleはハードウェア部門のスタッフやSoC設計者を200人位募集したり、AppleのSoC開発者を引き抜いたりもしている様だから、Pixel3以降のSoCはAppleなどの様に独自開発になるだろうし、OSも自社開発、スマホ開発部買収で更にiPhoneの様に端末の独自性が高くなるだろうから、Pixel3以降には期待しています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます