Surface Laptop、「Core i7 + 1TB SSD」モデルが追加

Neowinは3日(現地時間)、米マイクロソフトの「Windows 10 S」搭載ノートPC「Surface Laptop」に、新たに容量1TBのSSDを搭載する新型モデルが追加されたことを伝えています。

従来のSurface Laptopにおける最大構成時のスペックは、「Core i7」シリーズのCPUと16GBのRAM、それに512GBのSSDでしたが、今回新たにCPUおよびRAM構成はそのままに、ストレージ容量を1TBにまで増量した新型モデルが追加されました。

既に米国および英国市場では予約販売が開始されており、来月3日に2699ドル(約29万1000円)、または2699英ポンド(約38万4000円)で発売される予定です。

ただし、1TBモデルは、4色用意されたカラーバリエーションのうち「プラチナ」モデルにのみ用意されています。

なお、国内市場でも既にSurface Laptopを購入することは可能ですが、Core i7搭載モデルの販売は未だに開始されていません。近日中のモデル追加に期待したいところです。

[Neowin]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年9月10日 19:41 No.59604 返信

    SSDだから仕方ないんだろうけど価格跳ね上がるなあ
    そろそろSSDの価格も落ちてきてもいいんじゃないのか

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます