サムスン、ディスプレイ技術に関する新特許を取得

Galaxy Clubは5日(現地時間)、韓国サムスンが、スマートフォン向けディスプレイに関する新たな特許を、韓国国内にて取得したことを伝えています。

同社が今回新たに取得したのは、ディスプレイ上辺にV字状のベゼルを設け、そこにフロントカメラなどの各種センサー類を配置する技術に関する特許となります。

既に類似した技術は「Essential PH-1」にも見られるほか、近日発表予定の「iPhone X(iPhone Edition)」にも、同様の技術が採用される見通しです。

先日リークされた「iPhone X」のフロントパネル

また、特許の技術がいつ頃までに製品化されるかは不明ですが、近々で採用される可能性が高そうなのは、やはり「Galaxy S9」シリーズでしょうか。

なお、同シリーズについては、iPhone Xの独走を阻むべく、早ければ来年1月中にも発表される見込みと報じられています(過去記事)。

[KIPRIS via Galaxy Club via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます