SlashGearは3日(現地時間)、「iPhone Edition」(過去記事)あるいは「iPhone X」と呼ばれる次世代iPhoneでは、電源ボタンを長押しすることで「Siri」を起動させることが可能になる見込みと伝えています。

現行iPhoneシリーズにおいては、ホームボタンの長押しでSiriを起動させられますが、ブラジルのiOS開発者であるギリェルメ・ランボー氏によると、iPhone Editionにおいては、その機能が電源ボタンへと移譲されているとのことです。

なお、iPhone Edition(またはiPhone X)には、ソフトウェア式のホームボタンが採用されると見られていますが、そのことと機能の移譲が関係あるかは分かりません。

また、従来通り「Hey Siri」のキーワードでも起動可能となる模様であり、使用感や利便性が大きく変わってしまうこととはならなそうです。

[Twitter via SlashGear via Phone Arena]