ソニー、新型フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を発表

ソニーは8月31日(現地時間)、新型フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ1」を発表しました。

新たに発表されたXperia XZ1は、今春に発売された「Xperia XZs」のマイナーチェンジモデルであり、デザイン面を含めて、劇的な変化や進化は見られません。

その一方で、ハードおよびソフトウェアの両面において着実な進歩が見られ、基本的な性能や機能性、利便性が改善されています。

以下は、Xperia XZ1の主なスペックと特徴。

OS Android 8.0 Oreo
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)TRILUMINOSディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 64GB UFS
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.16)
バッテリー 2,700mAh


その他
microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
防塵防水機能(IP68相当)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
外形寸法 148(W) × 73(D) × 7.4(H) mm
本体重量 156g

プロセッサが「Snapdragon 835」へと強化されたほか、ディスプレイは新たにHDR表示に対応。OSには、正式版がリリースされたばかりの「Android 8.0 Oreo」が、早くも搭載されました。

そして、Xperia XZsおよび「Xperia XZ Premium」に初めて採用された「Motion Eye」カメラも備えており、最大960fpsの超スローモーション撮影機能や電子手振れ補正機能(EIS)など、各種機能はそのまま継承されています。

「3D Creator」のプロモーション映像

一方で、新たに「3D Creator」と呼ばれる機能が追加されました。様々な物体をスキャンして3Dデータを作成し、そのデータを基にアバターをSNS上に共有したり、3Dプリントを行ったりすることが可能とのこと。

また、Xperia XZ1は、Xperia XZsよりも薄型軽量な筐体に仕上げられていますが、その代償としてバッテリー容量が200mAhほど削減されてしまっており、賛否が分かれることとなりそうです。

そのほか、「DSEE HX」や「Clear Audio+」など、ソニー独自の高音質化技術はそのままに、“Xperia史上最高の音圧” を実現したと謳う新型フロントスピーカーが採用されました。

なお、Xperia XZ1は、同時に発表された姉妹機「Xperia XZ1 Compact」とともに、今月中にも世界各国で発売される予定です。

[Sony[1][2] / Phone Arena]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年9月1日 23:52 No.57394 返信

    ホントにバッテリー容量なぜ減ったw
    0.数ミリ厚くしてもいいから3000くらい積めばいいのに

  2. No Name 2017年9月3日 17:24 No.57935 返信

    ホントに…薄すぎると壊れそうで怖いし
    バッテリー容量は増やして、多少厚みが増えた方が強度的にも安心できそうです。

    大容量バッテリー搭載してれば…モバイルバッテリー持ち歩かないで済むのに

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます