iOS 11、コントロールセンターからWi-Fi/Bluetooth接続を「完全オフ」にはできず

Phone Arenaは21日(現地時間)、「iOS 11」においては、コントロールセンター上でWi-FiおよびBluetooth接続機能を無効化しても、バックグラウンドで動作し続けることが判明したと伝えています。

iOS 11以降のiOSにおいては、コントロールセンター上に表示されているWi-FiおよびBluetooth通信のトグルから機能を無効化しても、ペアリングしていた周辺機器との接続が解除されるだけで、それぞれの通信機能自体は省電力モードでバックグランド動作し続けるとのことです。

米アップルはこの仕様について、「AirDrop」や「AirPlay」、「Instant Hotspot」などのサービスや、「Apple Pencil」や「Apple Watch」などの周辺機器といつでも即座に接続できる状態を維持するためと説明しています。

なお、端末のWi-FiおよびBluetooth通信機能を “完全に” 無効化したい場合には、設定メニュー内にあるWi-FiまたはBluetoothの項目から設定を変更する必要があるとのこと。

Wi-FiおよびBluetooth通信を常に接続可能な状態にしておくことは、セキュリティやバッテリー消費の面などで懸念が残りますが、アップルがそういう仕様にしたということは、それらの懸念への対策は万全であるということなのでしょうか。

いずれにせよ、上記の点が気になる方は、多少手間がかかろうとも設定メニューから逐一機能を有効化または無効化した方が、精神衛生上良さそうです。

[アップルMotherboardDaring Fireball via Phone Arena]

ソーシャルシェア

4 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年9月23日 04:16 No.62511 返信

    ios11 にしてから、wifiを何度オフにしても勝手にオンになるのは、やはり仕様だったか。
    設定からオフにしないといけないのは本当に不便。

  2. No Name 2017年9月23日 13:53 No.62596 返信

    それだとコントロールセンターにある意味ないだろ。

  3. No Name 2017年9月24日 13:14 No.62809 返信

    なにそれ
    ふざけんじゃないよ

  4. No Name 2017年9月26日 18:57 No.63275 返信

    通常運転

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます