Xiaomi、「Mi Note 3」を発表 ―AIによる顔認証機能とデュアルカメラを搭載

中国Xiaomiは11日(現地時間)、新型ミッドレンジファブレット「Mi Note 3」を発表しました。

新たに発表されたMi Note 3は、現行フラッグシップスマートフォン「Mi 6」と非常に良く似通ったデザインが採用されていますが、そのスペック自体は、“高性能なミッドレンジモデル” へとややグレードダウンしています。

一方で、新たにAI(人工知能)技術をベースした顔認証機能が実装されるなど、Mi 6にはない付加価値を備えた端末に仕上げられています。

以下は、Mi Note 3の主なスペックと特徴。

OS MIUI 9(Android OS ※バージョン不詳)
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 660
RAM 6GB
ストレージ 64 / 128GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素 標準カメラ + 約1,200万画素 望遠カメラ)
フロントカメラ 約1,600万画素
バッテリー 3,500mAh

その他
USB Tyep-Cポート
指紋認証機能
顔認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
外形寸法 152.6(W) × 74(D) × 7.6(H) mm
本体重量 163g

背面部のデュアルカメラは、最大2倍の光学ズームを実現しているほか、1600万画素のフロントカメラには、「Adaptable AI Beautify」と呼ばれるAIによる自動画像補正機能が実装されています。

なお、Mi Note 3は、中国市場において今月12日に、2499人民元(約4万2000円)より販売が開始される予定です。

[Android Police]]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます