GizChina.itは24日(現地時間)、「OnePlus 5T」と見られる端末のデータが、AnTuTuベンチマークのデータベース上に確認されたことを伝えています。

新たに発見された中国OnePlus製の端末の型番は、「A5010」。現行モデル「OnePlus 5」の型番である「A5000」の後継機種であることを強く匂わせる数字となっています。

さらに、以前には「OnePlus 3(A3000)」の後継機種である「OnePlus 3T」が、「A3010」として市場に投入されたという事実も、A5010の正体がOnePlus 5Tであることを示唆しています。

また、新たに公開されたデータによると、OnePlus 5Tは、インチ数不明のフルHD+(2160×1080)ディスプレイと、2基の2000万画素センサーで構成された新型デュアルカメラを搭載しているとのこと。

OPPOMART上に公開されている「OnePlus 5T」の画像

さらに、「Android 8.0.0 Oreo」と「Snapdragon 835」、8GBのRAMに128GBのストレージを採用するなど、2017年の最新フラッグシップモデルとして隙の無い構成に仕上げられている模様です。

また今回、OnePlusの親会社である中国OPPOの公式オンラインストア上に、OnePlus 5Tの製品ページが開設されており、同機種とされる端末の画像も併せて公開されています。

なお、同機種については来月中の発表も噂されており、近日中にさらなる情報がリークされることに期待したいところです。

[GizChina.itOPPOMART via GSMArena]