「Chromecast / Chromecast built-in」製品、全世界で5500万台の販売を達成

米グーグルは4日(現地時間)、「Chromecast」および「Chromecast built-in」製品の販売台数が、累計5500万台を突破したことを発表しました。

Chromecastは、スマートフォンやPCなどで表示している映像や音声などを、TVへとストリーミング配信することを可能にする小型ドングルであり、Chromecast bulit-inとは、TVやスピーカー向けの “組み込み型Chromecast” のことを指します。

なお、現在は国内市場においても、4Kコンテンツのストリーミング再生にも対応する最上位モデル「Chromecast Ultra」と標準モデルの「Chromecast」、およびスピーカー向けの製品であり、音楽再生に特化した「Chromecast Audio」の3機種が販売中。

スマートスピーカーやスマートデバイスを中心に、”スマートフォンを核にしたプラットフォーム” が日々拡大を続けている現在の状況を見るに、Chromecastがさらなる成長を見せる余地は十分に残されていると言えそうです。

[Android Police]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます