WinFuture.deは20日(現地時間)、台湾HTCの未発表ミッドレンジンスマートフォン「HTC U11 Life」について、新たな情報がリークされたことを伝えています。

「HTC U11 Life」と見られる端末の画像

既に先日、HTC U11 Lifeの一部仕様に関する情報がリークされていますが(過去記事)、今回さらに詳細なスペックに関する情報がリークされました。

以下は、新たにリークされたHTC U11 Lifeのスペックと特徴。

OS Android 8.0 Oreo
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 2.2GHz 64-bit オクタコア Snapdragon 630
RAM 3GB 
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,600万画素
フロントカメラ 約1,600万画素
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi 
NFC
バッテリー 2,600mAh
その他 microSDカードスロット
USB Type-Cポート(USB 2.0)
指紋認証機能
防塵防水機能(IP67相当)
Edge Sense機能
HTC USonic機能
カラーバリエーション サファイアブルー
アイスホワイト

HTC U11 Lifeは、HTC初の「Android One」端末として登場し、OSには、“ピュアAndroid版” の「Android 8.0 Oreo」が搭載される見通しです。

また、姉妹機「HTC U11」と同様に、3.5mmイヤホンジャックは廃止され、USB Type-Cコネクタを採用する高音質イヤホンが同梱される模様。

そのほか、メインおよびフロントカメラはどちらも1600万画素となり、前者についてはHDR撮影およびRAW形式での保存が可能になるほか、4K動画撮影にも対応する見込みとのこと。

なお、HTC U11 Lifeは、早ければ来月2日の新製品発表会にて「HTC U11 Plus」とともに登場し、欧米市場においては400ユーロ(約5万4000円)未満で発売される見通しです。

[WinFuture.de via Twitter]