Huawei Mate 10、スマートフォンではなく「インテリジェントマシン」に ―ファーウェイが予告

中国ファーウェイは9月29日(現地時間)、新たに「Huawei Mate 10」の最新ティザー映像を公開しました。

ティザー映像の中では、“This is not a smartphone(これはスマートフォンではない)” という言葉が強調され、最終的に ”This is an Intelligent Machine(これはインテリジェントマシンである)”  というフレーズで映像は締め括られています。

また、搭載されているAI(人工知能)の働きにより、端末自身が “物を見て、思考し、学習する” ことを可能にしていることも強調されており、ファーウェイのAIに対する自信が透けて見えるようです。

なお、既に同社は、AI処理専用プロセッサ「NPU」を統合した最新SoC「Kirin 970」を発表しており(過去記事)、Huawei Mate 10に同プロセッサが搭載されることも明言しています(過去記事)。

Huawei Mate 10は、姉妹機「Huawei Mate 10 Pro」などとともに、今月16日に独ミュンヘンにて発表される予定。はたしてファーウェイの開発するAIは、どれほどの能力を秘めているのでしょうか。正式発表に要注目です。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます